二世帯住宅の分類~あなたの家庭は何タイプ?

二世帯住宅に住む人も増えてきました。特に高齢化が進む社会においてはこれから二世帯住宅を建てる、あるいは購入するといった人も沢山いる事だと思います。

そんな二世帯住宅ですが、実はいくつかのタイプに分類することができます。

二世帯住宅の分類

pixta_5900161_S

完全同居タイプ

全てにおいて二世帯で家を共用することになります。共用することで少ないスペースでも有効に活用できるためムダが少ないのが特徴です。ただし、距離感が近くなるためストレスの原因となるケースもあります。

寝室などのプライベートな部分は分け、それ以外のリビングや浴室、キッチンなど全てを共有します。建築費用を抑えられたり、相続税などの節税ができる反面、共有部分が使いづらかったり、生活時間のずれなどで気を使うことが多くなります。

半同居タイプ・部分共有タイプ

玄関は1つで一見すると普通の家です。内部的には浴室やキッチンを独立させるなど別々に暮らすことができるようにデザインできます。どの部分を独立させるか自由度が高いのも特徴です。

親世帯・子世帯の希望や状況に合わせて、玄関や浴室、トイレなど施設の一部のみを共有します。 それぞれの世帯での間取りの自由度が高く、ある程度の距離感を保ちながら暮らせる半面、設備が増えるため建築費が高くなります。

独立タイプ

同じ土地・敷地の中に2つの家を建てるようなイメージをしてもらえると分かりやすいと思います。基本的に全てが独立しているものの、庭や廊下で繋ぐスタイルや1棟の建物を上下又は左右に完全分離させ、玄関を別々に設けるスタイルです。 一部の部屋をつないで行き来できるようにする等の対応もできます。普段は別々に暮らしつつも必要に応じてお互いに簡単に行き来できるような家になります。

それぞれの世帯の生活スタイルを確保できる反面、2棟建てるのと変わらない建築費用が掛かり金銭的メリットが少なくなります。 今まで別々に暮らしていた親世帯と子世帯が気兼ねなく暮らすためにも、建てる段階から自分達に合った間取りをじっくり考えることが大切です。

2016年7月15日 二世帯住宅の分類~あなたの家庭は何タイプ? はコメントを受け付けていません。 二世帯住宅の基礎知識