二世帯住宅に外階段を設置するのってどう?

親との同居や結婚など二世帯住宅で暮らすようになるきっかけは色々あると思いますが、私の場合は祖母の介護がきっかけでした。

旦那が私の家庭に入ってくれて、気を遣わせたくなかったので外階段を設置しました。

外階段はデメリットだらけ・・・

pixta_14957690_S

実家のあった場所とは別に土地を探して、二世帯住宅を建て、一階と二階とを私たち家族と両親それぞれの世帯に分けたのですが、この時、プライベートを重視してあえて外階段だけしかつけませんでした。

ところが実際に暮らし始めてみると、一階と二階を行き来するのにわざわざ外階段を通るというのがすごく不便で、こんなことなら内階段にしておけば良かったかもと後々後悔しています。とくに寒い冬場は外に出るのも億劫だったりします。

家族のプライベートを意識したのに、意外と私以外の家族も1階に用事があることが多くて困りました。

色々なプランがあるので設備関係は慎重に

二世帯住宅と言っても広さや設備は様々なタイプがあります。

多くの二世帯住宅は2階建てですが、土地面積の都合で3階建てのタイプも人気です。下の階と上の階で世帯を分けるタイプの他、左右で世帯を分けるタイプもあります。共用スペースをどの程度設けるかによっても使用感や予算は異なります。

二世帯住宅の多くは玄関やインターホンが2つついていますが、中には入り口は一つで、中に入って2つに世帯が分かれているというものもあります。我が家のような外階段のケースもあります。

風呂やキッチンも大抵は2つ用意されますが、中にはキッチンのみ2つで風呂は共用といったタイプもあります。プライバシーを重視して完全に世帯を分離できるタイプもあり、住む方のライフスタイルに合った商品選びをすることができます。